FC2ブログ

誰のココロにも華麗に羽ばたく蝶がいます

My Profile

松井友香(まついゆか)

Author:松井友香(まついゆか)
都心部を中心に、
心理カウンセラーとして活動中。
親しみやすくユーモアある
心のサポーターと自負し、
明るさと元気と笑顔で駆け回る31歳。
最近は味のある切り口を修行中。
これからも“自分らしさ”を探求し、
人をこよなく愛するカウンセラーとして
走り続けます。

最近の記事

Calendar

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

月別アーカイブ

Category

2007.12.28

category: ワタクシゴト

小さな穴から吹き込む隙間風

突如不安に襲われるのは、30歳になったからであろうか…?
何か急に一人ぼっちになったような不安を感じ、涙の30代開幕となりました。
心にポッカリ空いた穴。決して大きな穴ではなく、どちらかというと小さい穴なんだけれども、隙間風が細々と入ってくる。

普段は忙しさに追われ、気づかない小さな穴も、一人になる時間があると感じられる。
20代最後の夜に同期のAちゃんに改めて言われた。
やっぱり私はもの凄い勢いで駆け抜けるような人に映っているらしい…そう??

以前ブログで書いたけれども、人それぞれ、歩むスピードっちゅーもんがある。 
私のパターンとしては、猛ダッシュ→休憩→猛ダッシュ→休憩…をひたすら繰り返すという記事を書きましたが、それは今でも変わらない。

改めて言われ、ふと気づいたのが、休憩のときに隙間風を感じるのが私は嫌なのかもしれないと…。
隙間風を感じると、漠然とした不安が襲う。 ポツリと一人になったような気分。それは毎年この年末に襲ってくる。
クリスマス→誕生日→年末年始 という行事が立て続けに並んでいるこの時期。
特にその時期に感じるんです…。
日常生活では仕事をし、カウンセリングに没頭し、友人と会い、小さな穴をどうにか誤魔化して前へ進む。
しかしこの時期、感じずにはいられないんです…吹き込む隙間風。

色んな方々からオメデトウを沢山頂きました。
みんな、ありがとう♪  「充分でないの、幸せ者だなぁ」って思うんだけど・・・・・・
目の前に誰も居ないから? 日頃は異性を振り払い、一人で滑走している。
そして立ち止まった時、誰も目の前には居てくれないことに気づく。 
日頃そんな生活してれば当たり前じゃん!そう、当たり前なんです。
むしろそれを選択しているんです、私。
知ってます、小さい穴の正体は“恋愛・異性”ですな。 おかげさまで友人には恵まれ、沢山の愛情を頂くので、大きな穴にはなっておりません。・・・救われた。友から頂く愛と、恋愛で頂く愛とは別物なので、友から頂いている愛は私にとって必要不可欠であります。

が、しかし。真ん中に小さな穴が空いているのは、“大切な恋愛(殿方)”がないから。 寂しいんだな、うん。私ってば寂しいんだよ…。 はて、贅沢な悩みか??恋愛が全てじゃないことくらいわかってます。
ってか、むしろ全てだなんて思わない。けど…やっぱり寂しくなるもんだぁ~ねぇ~。 でも良かった。
まだ女子の心を捨ててないぞ♪そう思うと、皆さん凄いよね。だってさぁ、大切な殿方・姫君が傍に居てくれるわけでしょ。きっとそのお相手というのは、どんな逆境だって一緒に居てくれて、味方してくれて、守ってくれる・守る相手ってことだよね?大切な日には一緒に祝福し合う相手ってことだよね? うん、それは幸せなことである。

私はきっと自ら、その幸せを手放しているんだと思う。(←他人事か?)
・・・段々自分が何を書いているのか、わからなくなってきました。
酔っ払ってないわよ!!! とりあえず、皆さん。そのお相手は大切に、なかなか出逢えないですよ、自分のパートナー。
逆境でも傍に居てくれる相手、どんな状況でも味方してくれる相手、守ってくれる相手、守りたくなる相手、祝福し合う相手、そして何より一緒に時を共にする相手。
もうちょっと自分の恋愛観を見直さねば…。あ、でも来年は“男断ち”すると決めたのよ…。

んじゃ、来年も味わうか・・小さな穴から吹き込む隙間風。
スポンサーサイト



2007.12.25

category: ワタクシゴト

30代を目前にスッキリ!!

師走の忙しい最中。Christmas→大晦日→お正月この期間の中間地点に存在するのが私の誕生日。
次の誕生日で華の30代突入です♪ 今からワクワクドキドキ!
どんな10年間が待ちわびているのでしょう。どんな10年間になるのでしょう。
そんなことを考えているだけで、私のドキドキは高まる一方であります♪♪
さて、そんな30代を自分で<スッキリと迎え入れようじゃないかと思い、スッキリすることにしました!

【スッキリ Part1】
24日、世の中はChristmas Eve一色で街が賑わっている最中…はい、一人大掃除!
昼頃から動く、動く、私の体。せっせかと大掃除に夢中です。
途中、友人Eとのお茶会に外へ出ましたが、また帰って来て大掃除の続き…夜中2時まで。
てかね、片付けないと寝る場所の確保が出来なかったのよ。
かも掃除って、不思議なことにやり始めると、とことんやらないと気が済まない。
2007年の埃さんを2008年に持ち越さないよう、頑張りましたよ。
今まで捨て切れなかったモノを一気にポイッ!
抱え込んでいた過去のモノ、手放せなくて愛着湧いていた過去のモノを一気にポイッ!
音楽仕様の私の部屋を、一気にカウンセリング仕様のお部屋へと変身させました。
「あ~スッキリ、サッパリ☆」
なんせ夜中まで頑張っちゃった為、今日は朝から免許証の更新へ出向こうかと思ったのですが、予定変更。起きれない(汗)しかも起きたとしても、こんな顔で免許証の写真撮影をするわけにはイカン!っつーことで、急遽中止にしました。

【スッキリ Part2】
で、予約をしていた美容院へ…。スッキリ、サッパリ、バッサリいかせて頂きました。
こんなに大量の毛たちを切るのは、何年ぶりでしょう?? 今まで揃えるとか、毛先だけ…というのはしょっちゅうでしたが、バッサリいくのは恐らく8年振りくらい!?
私の旧友はご存知だと思いますが若かりし頃、坊主にチャレンジしたことがありました。確かそれが22歳とか、23歳の頃。
それ以来、今度は逆にひたすら伸ばし続けてきました。 
で、昨日までは腰あたりまであった髪の毛をバッサリ
「あ~スッキリ、サッパリ☆」
今までお風呂上りに髪を乾かすのに使った時間20分。もう5~10分以内で済むであろう。今までバッグを肩にかけるときに、一緒に髪の毛を挟んでしまってました。もうそんなことはしなくて済むであろう。今まで大量のムースを使用しておりました。もう少量のワックスで済むであろう。

こうして私の20代とサヨナラ!そして迎え入れる30代。既に準備万端であります♪ 
20代の私を消すわけではありません。20代の私を基盤とし、更なる飛躍を目指しまふ。
20代の頃に必要だと思って手放せなかったものを、今の・現在の自分に必要かを吟味し、不要な物たちとサヨナラしました。
手放せば新しく入ってくる物たち。また新しい仲間を迎え入れ、次なるStageへと進みましょう!

2007.12.24

category: シラフで語る会

自由であること。

21日に最終出勤日を終えた私は、来年1月4日までプーちゃんです。久々の長期休暇に戸惑いを感じます。

・・・ぶっちゃけ、不安で寂しいんです。そう思うと、仕事って大切。だって生活を構造化してくれる一つの手段ですもの。

仕事をしているときは、「朝早いの嫌だな。」とか「休みが欲しいな。」とか「思う存分寝たい!」なんて思います。しかしいざ長期休暇に入ると、時間を上手に構造化出来ず、戸惑いながらも不安に苛まれます。そう思うと、仕事をするって必要なことであり、大切なことなんだな・・とつくづく思う。

朝起きて→支度をして→電車に乗って→仕事に行って→働いて→電車に乗って→帰って→食事して→お風呂入って→自分の時間を作って→寝る

こうした何でもない日常生活が、実は時間を上手に組み立ててくれているものであり、それに沿って生活をするというのは、とても安心感を得ていることなんだなぁ…としみじみ。

仕事からの開放感を得たのと同時に、開放された自由への不安...はて、何でしょうね?
“自由であること” これって羨ましく思え、良いイメージが私にはあります。
ず~っと前から「自由になりたい」なんてよく口にしていました。 
自由って確かに、何でも自分で好きな時に好きなことをして良い。
何に束縛されるわけでもなく、何に拘束されるわけでもなく、自分で好きに選択が出来るわけであります。しかしそれが出来るのは、自分で選択できる人。何でもかんでも自由奔放にやっていたら、生活はまず成り立たないわけですね。自分で選択をし、自力で生計立てれる人。これってよほどな特訓が必要ではなかろうか!? かなり強い意志をお持ちではないと、ちょっとやそっとで簡単に出来ることではない技だと思われます。怠けてしまったり、ダラダラしてしまったり、けじめがなかったり、自由だからこそ、そういったところも自由なわけで。自分で自分のラインを引けなければ、堕落していきますな。 そう思うと、自営業の人ってスゴイ!アッパレです☆

昨夜は久々の休暇と思い、朝まで自分の身と心を開放致しました。
しかし「いつまでもそんな生活をしているわけにはいかん!」と思い、時間割を作成。
明日から時間割に沿った生活をしようと思います。 私は自営業を目指すので、自分で自分の時間を管理し、また自分で選択をしていくことに強くなっていかなければなりません。
だから特訓です!自由に対しての不安、それは漠然とした制限の無い世界への不安。
仕事を通じて得ていた安心感を捨て、自分で構築していく時間と生活と人生。まさにサバイバルです。
しかしそれでも、私はこの道を選択していこうかと思います。拘束された時間があるからこそ、自由を羨ましく思え、また満喫出来るのであります。
隣の芝生は青いですなぁ…。だからこそ、自分で拘束された時間もコントロールしようと思います。
不安・寂しさと共に、サバイバルな自由区域への探検。道のりは長い

**お知らせ**エキサイトのカウンセリングコーナーでコラムの連載を勝手にしようと決めました。
あ、ちなみに“勝手に”です。 自由に書いてよいスペースなので“Yuka's Note”と題して、勝手に連載をしていきます。
既に2回記載済みです。ご興味ある方は、お時間ある時にでもお立ち寄り頂ければ、これ幸い!
リンクの『エキサイトカウンセラー』からどうぞ。

2007.12.18

category: ワタクシゴト

びんぼっちゃま宣言!!!!! 

宣誓“私は2008年びんぼっちゃまになることを誓います”

さてさて何の話かというと、来年の生き方を決めました。とうとう腰が据わったのであります。
これは私にとって大きな覚悟と決断であります。だからこそ、ここにシタタメテおこうかと思って。

2008年の一年間、本格的勝負をすることに決めました。

壱、カウンセラーとしての活動を最優先とする。
弐、仕事(収入を得る仕事)は最低限に留める
参、遊びへの欲、また物欲などがあるならば、カウンセリングの実績で得よ。


今まで『会社員』として立場を守られすくすく成長した私は、『自営業』に向けての本格的準備段階に突入します。今までがヌクヌクしていた環境に身を置いていた分、とてつもない不安に駆られています。そこが踏み出せず、ジタバタ2007年を過ごしました。 しかし、もうジタバタは終了。次へのStageにやっと身を置く気になりました。(←遅い?)結局2007年も会社員として勤めていたのは、ヌクヌクから脱出できなかったからではないだろうか…?当初は【次へのStage】だと思って、今の会社に就職したわけですが、そこも結局は次へのStageになっていなかったことに気づいてしまったんです・・・。

気づいたら最後よね。カウンセラーとして旗を掲げたいならば、純粋にカウンセリングの実績を積むのみ!!これしか方法がないことに、今更気づいたんでぇーす!
なので、昨日Aちゃんから頂いたLove Letterに【2008年はあなたが主役になるべし】と背中を押して頂ける一文がありました。沢山のチャンスと、沢山の恵まれた方々に囲まれている今、主役になるべく切符を掴みにかかります。

とてもとても不安だけれども、不安を抱えながらも、先に見える光を目掛けてバンジージャンプ!
2008年の経験が、今後の将来を大きく左右すること間違いないと信じて☆

2007.12.17

category: 松井うるるん体験記

愛をたくさんもらった日

今日は愛をたくさんもらった日でした。
12月16日は母の誕生日。 しかし、当協会でのスケジュールがビッチリ詰まった今日は、残念なことに母と一緒にいることが出来ませんでした。
申し訳ない気持ちで一杯になりながら、日吉へ向かう電車の中で日頃伝えられていなかった気持ちをメールで送ったのです。そして母からもらったメールのお返事。不器用な彼女が、私への気持ちを短い文章で送ってくれました。

「嫁にもいかず、家に居てくれてありがとう。何もしない貴女に時には腹もたてるけど居てくれて愚痴を聞いてくれるだけで気がはれる時があり感謝です。」と…。

電車で一人泣く。迷惑を掛けてばかりで、私はお荷物だろうと思っていました。
そりゃ29歳にもなり、何も彼女の手伝いをしていないのですから、腹もたって当たり前です。
忙しくて家を留守にしがちな私は、何かと母を頼っております。 
そんな母がドッシリと自宅に居てくれるからこそ、私は外での活躍が出来ているわけです。
改めてその愛を感じ、また自分が少しでも彼女の支えになっていられていることが、すごく幸せに思えました。

日吉に到着し、同期Nちゃんとのランチ。実は本日、講師デビューの予定でした…予定!?そう、中止になってしまったんですぅーーー!いや、責任転嫁しちゃーいけません。正式に言うと、中止にさせてしまったんです。せっかくのチャンスを。 結局人が集まりませんでした。しかしこれは、大きな学びを生み出してくれました。悔しさをバネに、より一層やる気が出ました。
だってこの一ヶ月、今日のために頑張ってきたんだもの。寝る時間を惜しんでも頑張ってきたんだもの。悔しくて当たり前です。でも、事実これが結果です。かなり痛かったです。しかし凹んでる暇など無し。今まで以上に走ります!くそーーーーっ!!

今回の講師デビューに備え、いつもアシスタントとして入らせてもらっている講師のAちゃんから、応援お守りを頂きました。それをNちゃんからランチの時に受け取りました。 携帯のストラップです、キノコ。ブルーのキノコ。超かわいい♪

aikokinoko

そしてAちゃんからのLove Letter付きでした。ブルーは“表現者の色”だそうです。
私は自己主張が苦手であります。そんな私へのAちゃんからの愛。【惜しみなく聡明さを表現してね】というメッセージでした。
愛を感じます!フラワーセラピーの勉強会⇒事例研究会⇒協会忘年会 と日吉スケジュールを終え、帰宅途中に勉強会中に届いていた前職のKちゃんからのメールを読みました。
彼女に相談をさせて頂いていたことがあり、それについてのお返事です。大変正直な気持ちを示してくれました。
そして尚且つ、私を受け止めてくれました。【いつまでだって君を待っているよ。みんなから愛されてるって事忘れんなよ。】と…。
電車で一人泣くPart2。ボロボロ泣き、返信に画面が見えなくなるほど。端から見たら、完全変人です。でもいいんです。変人でいいんです。そんなこと、どうでもよかったわけであります。今日はたくさんの愛を頂きました★ たくさんの愛をもらって、気づきました。
最近、私は愛に飢えていたんだな…と。そして改めて、愛は温かいな…と。
色んな方から頂いた愛を受け継ぎ、今度は私が与える番です。

「人は愛をもらって、初めて本当の愛を与えられる人になるのではなかろうか!?」そんなことを感じました。日頃、愛情を沢山分け与えて下さっている私の周囲にいる方々。
あなた方がいるからこそ、私も人へ優しく、また愛を分け与えてあげることが出来るんです。
この世に必要ない人なんていない。 もしちょっと前の私のように「自分は必要とされていないかも」と思う時があるならば、愛情が飢えているサインですな。
そんなときは、人から愛を貰って良いのです。そしていずれは、自分で自分を愛せるようになれれば、Bestですね。

これからも惜しみなく、愛を与えていけるよう、私も愛の補充に努めたく思います。

2007.12.10

category: 心のススメ

自分を許すこと。

自分を許すことって…難しいよね。そんなことを学んだ一日でした。

恒例となったカウンセラー養成講座のアシスタント。毎度のことながら、朝9:30に赤坂に到着し事務所へ向かいました。改めて思うけど、私ってちょっと変わったなぁ~と思う。だって以前だったら、どんな用事であれ9:30に赤坂到着なんて実行しなかったもの。(おそらくデートでも無理だと思う。)
きっと私の意識が変わったんだと思う、今日この頃。以前までは日常生活の主体を仕事におき、カウンセリングのお仕事は空いた時間を利用して…というスタンスでした。だからプライベートの時間の一部だったわけですね。それがプライベート⇒仕事へ移行しようとしているのであります。
意識の変貌であります。 この変化って大きいよね、と思っている私。

さてさて本日は、とある受講生さんのお話から、【自分を許すこと】を学びました。
では“自分を許すこと”って具体的にどんなこと???“ありのままの自分”をそのまま受け入れるということでありますな。
自分を許せていないと、色んなことが起きます。他人を嫌いになったり、人の評価が気になったり、周りが気になったり、どう見られているか不安になったり、自分に怒ったり、相手に怒ってみたり、
人のせいにしてみたり、傲慢になったり、誰かを責めたくなったり、心の視野が狭まったり…あげるときりがないくらい様々なことが起きます。そして厄介なことに、そうなっているときって自分でなかなか気づけないんですよね。

ここ最近、自分の中で『何かが違う…。何か変…。』と思っていました。それを環境のせいにしてしまうことだってありました。そして今日の学びから、私は自分を許せていないんだと気づいたんです。

・出来ない自分
・わからない自分
・怠けている自分
・傲慢な自分

これらを私は“自分のダメなところ”として受け取っていて、許せてあげてなかったんですね。
自分に許可をおろしていないので、人のそういうところが目についてしまうわけです。
“自分のダメなところ”=“人のダメなところ”とシフトして批判してしまいがちになり、結果として『あの人はNG』となる。そこで相手を評価してしまっていたんですな。 

しかもダメな自分を覆い隠すかのように「~せねば」と思ったり「~らしく」と思ったりして、それが余計におかしくさせます。そこに許可をおろせたらどんなことになるかというと、例えば“出来ない自分”⇒“出来ないのも私”と自分を許す⇒相手の出来ないことにも理解を示せる。となるわけです。
自分のダメなところを許すというのは、大変勇気のいることだなぁとも勿論思います。
そこが苦しいわけだしね。しかしその苦しさを乗り越えたら、一回り大きく成長をするんだろうなぁとも思う。私の大きな課題であります。またダメなところを許してしまうと、自分に甘くなりそうとも思う。
でも許すことと、甘えることは別モノです。そんな甘さに浸り続けるのも、ある意味苦痛だよね。
そして自分へ厳しくしてしまったら、自分が苦しいだけ。優しさというのは、誰かに貰うものではなく、自分で自分に与えるものかもしれない。
他人から優しくされたところで、確かに一時的には嬉しいんだけど、それって本当一時的なんだよなぁ。
その程度の満足感でお腹が一杯になるような子じゃ~ないっていうのも知ってるしね。
最終的に自分を癒してくれるもの、自分に優しくできるのって、自分だけじゃないかと思いました。
自分を許すことが出来たとき、相手を許すことが出来る。すると自然に相手への敬意がはらえる。
無条件の愛、無条件の敬意、無条件の受容。

「わからないもの」は「わからないもの」として許してあげる。その存在を認めてあげる。
「受け取りたくないもの」は「受け取りたくないもの」として許してあげる。その存在を認めてあげる。
「嫌なもの」は「嫌なもの」として許してあげる。その存在を認めてあげる。
「怖いもの」は「怖いもの」として許してあげる。その存在を認めてあげる。

それでOKなんです。それを「わからなきゃ」とか「受け取らなきゃ」とか「嫌っちゃダメ」とか「怖がっちゃダメ」とか…無理に動こうとするから、余計に絡まる。
それが最近の私。まずは自分を許してあげる。良いところも、悪いところも、全てひっくるめて許可をおろす。その一歩から始めてみよう! 
今ここに在る私、全てひっくるめて松井友香です。

2007.12.03

category: 松井うるるん体験記

ホンネ&タテマエ

今日は第2回生涯学習講座『体や行動に現れる心のサイン』に参加してきました。

講座内容は心のサインが体や行動に現れるとき…テーマのまんまですが。
日常生活の中で発している言葉と行動。しかしそれが心の声と全く同じかというと…同じじゃないよね。むしろ違う方が多いかもしれない。日本文化には“本音と建前”というのが身に染み付いており、文化としては良いところもあるけれど、時には人間関係をおかしくする習性であります。
本音をストレートに口にする人の数は少なく、建前で人間関係が構築されているのは、特に会社などの組織に属していると多く見られること。本音で語り合えたら楽なのは知っているけれど、協調性が強い日本ではなかなか本音を表現することに慣れていないんですね。
だからとて、建前が悪いわけではなく、建前は緩和してくれたり、クッションになってくれたりするのであります。
それはそれで、日本という国で生きていくためには必要な気がします。例えば心がそう思っていない時(心はNGサイン、口はOKサイン)、体は拒否反応を示します。
人間ってよく出来てるね、本当に。声のトーンが高くなったり、早口になったり、目を反らしたり、話しを聞けなかったり、汗をかいたり、落ち着かなかったり…そんな反応をしたときは、たいてい心がそうは思ってないとき。言葉だけが上滑りしているような状況に、皆さんも出くわしたことあるでしょう。 それがエスカレートすると病気になります。
より早く心のサインに気づけたら良いですよね。サインに気づくための練習を本日してきました。

怒りの感情があるのに、なぜか笑いが出てくる…不思議ですね~。こういった行動をするのは日本人特有でしょう。緊張感を解すため・怒りの感情を和らげるための笑い、それが習慣化されているのですな。そうやって生きてきたわけですから、それはそれでOK。

けど、これからは素直に生きていきたいな、ストレートに本音が言えたら生きるのも楽だよな…そんな風に思ったことありませんか!?私は結構前から思ってました。しかし・・・出来ていません。
心のサインが体や行動に現れる瞬間を目で見て、体感をした勉強会でした。
ペアを組んで、その学びを体験したのですが、最後にペアを組んだ相手を皆に紹介するワークをやったんです。

①相手のことを皆に紹介する
②言葉で聞いたこと以外で感じた相手の印象を発表
③アシスタントの方々が感じているその方(紹介される方)の印象を発表
④ファシリテーターの理事長が感じる印象をフィードバック。 

そのワークでです。予想外な展開がありました。 

私たちのペアが最後に発表をしたのですが、その時に相手となってくれたNさんが私の事を皆に紹介してくれました。紹介をしてくれた後、率直に感じたNさんが思っている私の印象をフィードバックしてくれました。そしてファイシリテーターから言われたこと…「あなたは自分が必要とされていないと感じていますね。」と…。
その後「大丈夫です。あなたは必要とされています。とても役立ってくれていると思っています。」と…。
その瞬間、が出ました。 何を見て、何を思って彼はそう私に言ったかはよくわかりません。

頭の中では「いや、そんな事を聞きたいわけではなく、私の印象や他人から見える私をフィードバックしてくれるんじゃないの??」と思っていたのですが、心が反応し涙に変わったのです。涙
が止まらないのに、彼は続けます。「あなたにはとても華があります。水をあげれば綺麗な華が咲きます。その魅力を持っている人です。でも今はまだ蕾のままだよね。あなたは今まで、他人を優先して生きてきました。しかし自分をもっと優先させて、華を咲かせてもいいのではないでしょうか。そしたら、その華は大きく咲きますよ。」
・・・はい、号泣です。 彼は私の頭や意識にではなく、心・無意識に語りかけました。恐るべし、ファシリテーター!
でもその一言で、私は力が抜けました。まさに脱力感ってやつです。
人の役に立っているのか、自分は必要だと思われているのか、自分という存在価値を推し量ろうとする自分。こうすれば役に立てる、こうすれば必要だと思われる…そんな価値を見出したくて、またそれに捕らわれていた最近。自分という存在を押し殺し、他人を優先する生き方をずーっとしてきました。

心理学を学んでから自分を大切にする生き方をトレーニングしてきて成長はしているけれども、まだまだ自分への水(愛)が足りないようです…。
そして【私は華を咲かせてもいい存在なんだ】と初めて思えました。ぶっちゃけ、知らなかったっす。
華を咲かせることに怖がっていました。

そんな涙のうるるん体験をし、その後同期のAちゃんとお喋りTimeへ。
Aちゃんは風邪をひいてお休みしようとしていたところ、私が事前にランチに誘っていたのと、たまたま前日に観たテレビで「ゆか」という主人公がボロボロになって死んでいくシーンを観たそうだ。
しかも最後の一言で「仕返しをしてくれぇ・・・」という言葉を残して逝ってしまったと。
そして私の身に何か…と思って来てくれたそうです。嬉しいね♪
またしてもAちゃんに今日の講座で起こったことやら、最近のことやらをたーっぷり聴いてもらって、涙で終わっていたモヤモヤした気持ちを晴らしてもらえました。
ありがとう、Aちゃん★ そのAちゃんとの話しの中で、やっぱり私の課題としていたのが“本音と建前”という結果でありました・・・リンクし過ぎ。
また必要とされていない自分・華を咲かせてはいけないと思っている自分をた~っぷり褒めてくれて、頑張ってるねと声を掛けてもらえました。
ファシリテーターから貰った心の力みが取れた癒しと、Aちゃんから貰った頑張ってる自分への褒め言葉。
かなりたくさんのお土産を貰って帰って来た一日でした。
貴重であり、内容の濃ゆい一日だったのぉ~♪

2007.12.01

category: 心のススメ

私の心の中、お見せします 

本日は箱庭療法の講座を受講しました。箱庭も使えるようになるように。
本日の私の作品=私の心の中を大公開!
まずこの作品から。テーマは『喜び』です☆ 喜びを表現すると、こんな形に表れました!

1201hakoniwa


お花がいっぱい♪私が喜びに満ち溢れているときの心の状態はお花がイッパイなようです。
小動物もたくさんいて、華やかさの中に可愛らしさもある。そしてその喜びをここに表れている全員が祝福している様子。
不思議なことに、作成しているときまでルンルン♪

つづいてのテーマは『怒り』 怒りを表現するのは、私にとって困難なことでした。

1201ikari


各島々に戦闘態勢の人々がいらっしゃいます。
怒っていて、今にも攻撃をしそうな感じ… バズーカーや銃を持っていて、島々で怒っている人々が攻撃をしそうな雰囲気です。
ご注目頂きたいのが、右下にいらっしゃる木に囲まれた人。

1201ikari2


この人は物静かに怒っている人です。
考え込んでいるような、冷静沈着に怒りに震える人。周りに木があるのは、冷静に怒っている人を守る役割をしています。
セラピストから質問されました。「もし銃を持っている島々の人たちが攻撃をしてきたら、この冷静な人はどうするの?」と。 私は答えました。「島々の人々以上に大きな怒りを爆発させる。」と。 そう、まさに私自身の怒り方です。小さな怒りを抑えて冷静に怒る。怖いですね~。

しかしこの短い時間の中で、島々にいる人たちも自分の一部であり、むしろ仲間かもしれない…と思えるような統合が出来ました。

つづいてはこの作品。これはテーマを自分で決めました。
「表現したい感情を自由に作って下さい」ということで、作成したのがコレです。 
何を表現したかわかるかしら…? 

1201jiyuu1


ちなみに簡単な説明をすると、海の真ん中にいるのはイルカ1頭です。
その周りには光るビー玉などがあります。
向かって右下はお花畑、左下はビルや鉄塔が並ぶ街並み、左上は椅子、右上は森です。

1201jiyuu2 1201jiyuu3



私にとって、それぞれの意味合いは、お花畑=華やかな外の世界、街並み=仕事や現実世界、椅子=学び・学問、森=癒し・安定・安心感・内面の世界 という意味です。
これまた見づらいけれど、お花畑から見た写真です。
私が表現したかった感情の答えは【開放感】でした!!どこの世界にも属さず、自由な空間。
開放されている喜びはビー玉に表れています。そしてどの世界にも戻れる自由さ。 

面白いなぁーと思ったのが、ビルや鉄塔がある街並みが、他の世界に比べて海に侵食しています。
「嫌だな」と思いながらも、侵食させないとシックリこなかったのです。 
まさに今、仕事や現実世界の割合が少しだけ他の世界より多いな…と感じていました。

これを作成し終わってから、空間配置の説明をセラピストの方から教えてもらいました。
あくまでもこの空間配置は絶対ではないのですが、これまた面白いなぁーと思ったのが、上側:精神・未来を意味し、下側:肉体・過去を意味すると一般的に言われているそうです。
その一般的な空間配置を介して改めて見ると、肉体では仕事・外への華やかさを私は表現し、また精神では勉学・内面の世界を表現しました。そして過去では仕事・現実社会・交友関係・遊び等を表現し、未来では学び・内なる自分を表現しています。

実際に今月末で正社員の務めを辞める予定です。そしてカウンセリングに注力できるような環境作りを準備中です。また友人との遊びを少々お休みをし、自分に付き合っています。 
まさしく心が表れているなぁー…と感心しました。

そして最後の作品です。これは同じ受講生さんにセラピスト役をやって頂き、自分がクライエント役として作った作品であります。

1201saigo


簡単に説明をすると、右上に自宅があり、犬を飼っていたり鶏を飼っています。
自宅のすぐ横には森があり、また目の前には池があります。池からは川が続いていて、水辺周辺には花が咲いています。
池では小船に乗った私が釣りをしながらのんびりしているのです。そして左上にいる荷物を運んでいる人は自分の旦那さんと想定。
そして右下からは真っ赤のオープンカーが家を目指し走ってきているところです。
この車には久々に友人が遊びに来るという想定でした。  
この作品を通じてわかった心の世界は、のんびりとSlow Lifeを楽しんでいる私。
そこへ自分の車を自慢しにやってくる友人。それが華やかで眩しく、目障りにも見えつつ羨ましさも感じる。
友人がやって来なかったら(この車を箱庭から外すと)寂しく、つまらないと感じるのです。 
まさに私が最近悩んでいた交友関係が見事表れました。
作り始めたときは、何を作ろうか全く想像が出来ず、ただただ砂を触ってインスピレーションをしていました。
そこからイメージがどんどん湧き出し、最終的にこの形になったのです。
初め車を手にしたときは、「友達が遊びに来る想定にしよう!こんな車に乗って遊びに来てくれるなんて嬉しいじゃないか!!そしてカッコイイじゃないか!!」なんて思って置いたんです。
しかしそれが話していくうちに、自分の内的安定をかき乱される感覚に襲われました。不思議なものよのぉ...
こうして本日の第1回、箱庭療法養成講座は終了しました。 

日頃の生活では、色んな感情を抑圧してバランスを取って生きています。それはそれで必要なこと。
しかしこうして無意識にアクセスすることで、見えてくるたくさんのものがあり、また目にすることで抵抗することなく受け入れていくことが可能となります。
そんな体験を1日かけてしました。かなりの癒し効果です。 自分が手に取る数々のもの。例えば買い物とか行ってもそうだよね。自分が手にするものは、全て自分の中から出てきているものであり、自分の一部なんだと実感しました。
手に取ったもの自体に意味がある。手に取ったものが自分の心を表す一部なんだと。 そんな学びの一日でした。
いやぁ~…箱庭おもしろいよ♪ 機会があったら、是非お試しあれ!

やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言

Clock

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

QRコード

QRコード

Copyright ©Butterfly of Mind. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.